菱建基礎株式会社
会社案内 事業内容 用語集 リンク トピックス お問合せ・資料請求
当社の工法
オールケーシング工法 一覧に戻る
オールケーシング工法とは…?!
孔壁を保護するケーシング・チューブを揺動押込みながら、チューブ内の土砂をハンマークラブにより掘削・排土する工法です。
■工法の特徴
掘削方法、手順、施工機種を選択することにより、近接施工や上空制限がある場合も施工できる。
全油圧式ハンマーグラブ「BKF」を使用することで,振動騒音をより少なく抑える施工が可能である。
岩盤、転石の掘削が可能である。(回転式掘削機等の使用による)
鉄筋コンクリート、鋼材等の障害物撤去ができる。
施工径はφ1,000・φ1,100・φ1,200・φ1,300・φ1,500・φ1,600・φ1,800・φ2,000の8TYPEが標準です。
施工状況図
施工状況図
  桁下(JR線)での施工例
  
  桁下空間高さ 7.5m
  使用機械    揺動式掘削機
  地下水位    河川水位(GL-0.5m)
  掘削完了後、鋼管杭を建込み内部を
  コンクリート充填
オールケーシング回転式掘削工法
回転式掘削工法とは…?!
ケーシング先端にカッタービットを取付け、連続回転により地中障害物を切削撤去すると共に、杭築造までできる合理的な工法です。
■工法の特徴
鉄骨・鉄筋コンクリート及び、転石・岩盤等が切削出来ます。
ケーシングが先行出来るため、周辺地盤を緩めません。
口径φ1,000mm~φ3,000mmまで施工可能です。 (施工可能標準径・φ1,000・φ1,100・φ1,200・φ1,300・φ1,500・φ1,600・φ1,800・φ2,000・φ2,500・φ3,000)
ケーシング回転削孔に伴い、より高い垂直精度が得られます。
ケーシング周面にかかる摩擦抵抗が低減するので、揺動式より大深度施工ができます。
施工状況 切削した障害物
施工状況 切削した障害物
 
   
φ2500の大口径障害撤去工事例 RT-260(特)機
   
φ2000 鉄道民家間狭隘地でのオールケーシング杭施工 MT200R機(自走式)
     
φ1500 高速道路桁下障害撤去施工 MT150R機(自走式)    鉄筋コンクリート   松 杭
  Copyright (C) 2003 RYOKEN KISO CO., LTD. All Rights Reserved.