菱建基礎株式会社
会社案内 事業内容 用語集 リンク トピックス お問合せ・資料請求
当社の工法
マルチドリル工法     一覧に戻る
マルチドリル工法とは…?!
コンパクトで機動性に優れ且つ、アタッチメントの交換のみで多工種(オールケーシング/アースドリル/オーガ各工法)に対応できる工法です。
■工法の特徴
組立、解体がなく、コンパクトな施工機(R-10J)なので輸送、段取りが簡単です。
削孔法と削孔工具の組み合わせにより、多工種に対応できます。
*アースドリル工法
*ロックオーガ工法
*オールケーシング工法
狭隘場所での障害撤去,場所打ち杭構築に威力を発揮します。
同機種の小型機に比べ、強力な回転トルク(10ton-m)及び、押込み力(12ton)を保有しています。
リーダ型式2点支持のため高精度の垂直性が確保できると共に、フロント部は前後にスライド可能です。
ダンプトラックへの直接排土(底板ロックは、自動開閉式もあります。)が出来ます。
マルチドリル工法
マルチドリル工法
本体輸送時の状況
本体輸送時の状況
 
既存地下部基礎フーチング撤去状況   地中コンクリートガラ等撤去後擁壁杭構築
  Copyright (C) 2003 RYOKEN KISO CO., LTD. All Rights Reserved.