菱建基礎株式会社
会社案内 事業内容 用語集 リンク トピックス お問合せ・資料請求
当社の工法
ソイルセメント合成鋼管杭工法(HYSC工法)   (HYSC工法) 一覧に戻る
ソイルセメント合成鋼管杭工法とは…?!
現地盤を利用してソイルセメント柱を造成し、その中に鋼管を設置することで、鋼管及びソイルセメントそれぞれの特性を生かした工法です。
■工法の特徴
合理的な設計が可能です。
…ソイルセメントとリブ付鋼管の一体化によりソイルセメント柱径を有効径とする地盤の鉛直及び水平支持力を得ることが出来ます。
支持力性能が優れています。
…ソイルセメント柱造成中の孔内はスリラー化したソイルセメントで満たされた状態なので、スライムの発生がなく支持力性能が優れています。
排土が少なく掘削泥土がほとんど出ない工法です。
…現地盤の土砂を材料として利用し、ソイルセメント杭を造成するため掘削排土が少なくなります。(ソイルセメント杭造成時、セメントミルク注入量相当分の土量を先行排土することによる。)
工期を短くすることが出来ます。
…掘削攪拌機が高能率なため、工期を短く出来ます。
低騒音・低振動で施工が出来ます。
ソイルセメント合成鋼管杭の構成   土槽田耐荷試験後のHYSCパイル   リブ付鋼管の挿入
ソイルセメント
合成鋼管杭の構成
  土槽田耐荷試験後の
HYSCパイル
  リブ付鋼管の挿入
  Copyright (C) 2003 RYOKEN KISO CO., LTD. All Rights Reserved.