菱建基礎株式会社
会社案内 事業内容 用語集 リンク トピックス お問合せ・資料請求
当社の工法
逆打ち工法(構真柱建込み)   (構真柱建込み) 一覧に戻る
逆打ち工法とは…?!
建物地下構築を1階から地階に向け施工する工法で(通常施工と逆)予め地階部分の本設鉄骨を杭孔内に建込みコンクリートで根固めを行う工法で、建築工事の工期短縮とトータルコスト低減を図れる工法です。
■工法の特徴
鉄骨の建込みを先行し、後からコンクリートを打設する(先建て工法)とコンクリートの打設を先行し、コンクリートが硬化しないうちに鉄骨を建込む(後建て工法)があります。
削孔は、オールケーシング工法、リバース工法(拡底工法)、アースドリル工法(拡底工法)、各工法に適用できます。
下部調整ジャッキ 構真柱据付図
構真柱建込み状況
構真柱建込み状況 構真柱据付図
 ■施工事例 地中障害物撤去 ~ 構真柱建込み
   
オールケーシング回転式掘削機による障害物撤去   地中障害物の撤去状況
   
構真柱建込み状況   構真柱継ぎ状況
  Copyright (C) 2003 RYOKEN KISO CO., LTD. All Rights Reserved.